APAF2020テーマ

「Anti-Body Experiment」

APAFディレクター 多田淳之介

​プロフィール >

APAF2020は原則オンライン開催とします。そして全体のテーマを“Anti-Body Experiment”に決めました。
既に多くのパフォーミングアーツのアーティストたちがオンライン上でアクションを始めています。過去の公演映像やZoomを使った会話劇の配信、どれもパフォーミングアーツへの愛情によってディスプレイ越しに多くの観客を楽しませています。ただパフォーミングアーツのオンラインコンテンツ化はあくまで今を耐えるための擬似体験であって、本来私たちがやるべきはオンラインでも体験できるパフォーミングアーツ作品や、オンラインだから発見のあるコミュニケーションの発明、つまりオンラインコンテンツのパフォーミングアーツ化です。感染が収まるまで耐える知恵と力も必要ですが、この状況でもパフォーミングアーツを成立させる知恵と力こそがコロナを経て身につけた抗体、“集まれないこと”への抗体になるでしょう。10月の東京、そしてアジア各国の状況がどうなっていてもAPAFでは“集まれないこと”に真摯に向き合い、感染症禍で引き起こされる悲劇、露呈した分断にもしっかりと目を向けたいと思っています。
APAF2020 “Anti-Body Experiment” は今後の感染症蔓延時にもパフォーミングアーツを楽しむための抗体作りであり、オンライン=非身体のパフォーミングアーツ化の実験でもあります。オンライン開催であっても全く悲観的ではありません。距離を超え繋がりを生むオンラインの強みと、今ここで起きていることを実感するパフォーミングアーツのハイブリッドにより、アフターコロナ、ウィズコロナ時代の未来を開発します。

コミュニケーションデザインの導入

APAF2020では、国や文化等の異なるメンバーが集まる国際協働の現場において、コミュニケーション、対話の方法や質が及ぼす影響について積極的に検証、議論し、指針を示してしていくために、コミュニケーションデザインディレクター制度を導入しました。

コミュニケーションデザインディレクター

相磯展子

Photo by Fuyumi Murata

アートの分野を専門とする翻訳・通訳団体Art Translators Collectiveのディレクター・共同設立者。現代アートや舞台芸術をはじめとする日英翻訳・通訳を行う。メディエーター/ファシリテーターとして発話者に寄り添い、対話の可能性を広げていくことを目指す。2017年にはAsia TOPAのストーリーテリングイベント「Stories for the Dead」に出演。幼少期に渡米し、これまでロサンゼルス、シカゴ、ハロゲイト(英国)に滞在。慶應義塾大学総合政策学部卒業。東京大学超域文化科学専攻表象文化論コース中退。

APAF2020 スタッフクレジット

APAFディレクター

多田淳之介

 

Lab

ファシリテーター:JK アニコチェ、アルシタ・イスワルダニ、武田 力

制作:神林 遥

 

Young Farmers Camp

ファシリテーター:柴 幸男

制作:谷 陽歩

 

Exhibition

演出助手: 藤岡義樹、ジェームズ・エイドリアン・シーフラ

制作:水戸亜祐美

 

テクニカル

オンラインテクニカルディレクター:イトウユウヤ

 

舞台監督:ステージワークURAK

 

コミュニケーションデザイン

APAFコミュニケーションデザインディレクター:相磯展子

 

アートトランスレーション(*Art Translators Collective)

日英通訳:相磯展子*、山田カイル*

日英翻訳:相磯展子*、水野響*、樅山智子*、山田カイル*

アートトランスレーターアシスタント:春川ゆうき*、森本優芽、清家 愛

 

広報

編集・執筆:河野桃子

デザイン:佐々木 俊(アヨンド)

 

APAF制作オフィス(合同会社syuz’gen)

チーフ:植松侑子

谷 陽歩、神林 遥、水戸亜祐美、増田祥基

 

東京芸術祭実行委員会事務局

APAF事務担当:石戸谷聡子

APAF2020 開催概要

名称:Asian Performing Arts Farm 2020 (APAF2020)

会期:2020年10月20日(火)〜10月25日(日)

 

主催:東京芸術祭実行委員会 [豊島区、公益財団法人としま未来文化財団、フェスティバル/トーキョー実行委員会、公益財団法人東京都歴史文化財団(東京芸術劇場・アーツカウンシル東京)]

東京芸術祭2020 ロゴ
Tokyo Tokyo Festival ロゴ
国際アート・カルチャー都市としま ロゴ
としまみらい文化財団 ロゴ
フェスティバル/トーキョー ロゴ
東京芸術劇場 ロゴ
アーツカウンシル東京 ロゴ

Asian Performing Arts Farm (APAF)

お問い合わせ

「Asian Performing Arts Farm (APAF:エーパフ)」とは、アジアのアーティストたちが相互交流によって創造する力を高め、文化や国境を超えて活躍する人材への成長を目指す、東京芸術祭内の人材育成プログラムです。

APAF制作オフィス

Email:apaf@tokyo-festival.jp

Tel:03-4213-4293(平日 10時~19時)

© APAF2020 ALL RIGHTS RESERVED.