• APAF Office

【Lab.DAY3】Visit Program#2+Meeting

【9/29】前日に続きテアトルガラシ(Teater Garasi/Garasi Performance Institute)を訪問し、これまでの活動について、進行中のプロジェクトや今後のビジョンなどについてのお話を伺いました。

また、テアトルガラシにて定期的に開催される「Dramaturgy Assembly」のディスカッションに、Lab.メンバーも参加することができました。このAssemblyは、ジョグジャカルタを拠点とするアーティストのみならず、バンドンやジャカルタなど、ジャワ島の各所より舞台芸術関係者が集まり議論をする場です。


これまでのAPAFのプログラムに参加してくださった方々である、MN Qomaruddinさん[2016年参加]、Yustiansyah Lesmanaさん[2017年-2018年参加]、Dendi Madiyaさん[2018年参加]、Riyadhus Shalihinさん[2018年参加]も、Dramaturgy Assemblyの参加メンバーです。

テアトルガラシの皆さま、Dramatugy Assemblyメンバーの皆さま、ありがとうございました!



夕方、Lab.メンバーは拠点へと戻り、各々が3日間で発見したキーワードをシェアしました。



13回の閲覧

APAF -Asian Performing Arts Farm-
APAFは、東京芸術祭の中でただひとつの人材育成プログラムです。アジアのアーティストたちが相互交流によって創造する力を高め、アジアを横断し世界の舞台芸術シーンを翔ける人材へと成長することを目指しています。今年から多田ディレクターのプログラミングにより、3つの柱に大変身しました。

APAF制作オフィス
MAIL:apaf@tokyo-festival.jp
TEL: 03-4213-4293(平日 10時~19時)

Copyright (C)APAF2019